今ここにあるモグラたちの思い

「カレー」について、どのように感じているかな。「勘違い」って、多くの人からはどう思われているんだろう。べつに考察するわけじゃないよ。

TOP PAGE

夢中で歌う母さんと履きつぶした靴

少年はめちゃめちゃお腹が空いていた。
もう少しで夏休みという頃、小学校からトボトボと下校しているときだった。
蝉は騒々しく鳴いている。
日光は強く、夕方にもかかわらず、まだ陽は沈みそうになかった。
少年は汗を手でぬぐいながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰ることも多いが、今日は大変ひもじかったから、早いとこ家に帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨日の晩御飯のカレーの残り。
昨夜のカレーは、たしか鍋に半分くらい残っていたはずだ。
ご飯もたぶん、余りが冷蔵庫に入ってたはず。
少年はカレーを食べる自分を思い浮かべて、早足で家を目指した。
すると顔からは汗がもっと流れ出した。

のめり込んで叫ぶ母さんと電子レンジ
たばこは健康に百害あって一利なしだ。
と言う事実はあるものの、指摘されても吸ってしまうものらしい。
新入社員の頃、仕事で紹介していただいたIT企業の社長であるおじさん。
「この体が丈夫なのは煙草とワインの力です」なんて明るく言っていた。
こんなに堂々と聞かされると失敗が目に見えている脱ニコチンはしなくてもいいのかも・・・と思う。

熱中してダンスする君とぬるいビール

昔、短大を卒業してすぐ、仲良しの3人で船に乗って釜山に観光に出かけた。
行ったことのない日本以外の国で、ホテルにちょっとだけ滞在だった。
街中を散々見学して、充実させていたけど、途中で道に迷ってしまった。
日本語は、全然通じないし、韓国語も全く通じない。
泣きそうになっていると、韓国人の男性が達者な日本語で戻る方法を教えてくれた。
大学時代時に横浜に滞在して日本文化の学習をしたとのこと。
それで、また、素晴らしい旅行をすることが可能になった。
帰国の日、バスで道を説明してくれたその人に偶然ばったり会った。
「またきてください」と言われたので、一同この国が好きになった。
いつも有給は韓国への旅が実現される。

よく晴れた大安の日没にカクテルを
使う予定があり入用な太い竹を規則的に譲り受けるようになって、ありがとうございますと言いたいのだけれど、うじゃうじゃと生えた竹が余計でもっと持っていってほしがっている土地管理者は、必要以上に竹を持っていかせようとしてくるので仕事が増える。
大量持って帰っても余っておいてても色が落ち捨てることになるのだが、場所をとる竹が邪魔でしょうがないらしく、持って帰ってくれとしきりにお願いされる。
こちらもいるものをいただいているので、断りづらい。

無我夢中で踊る姉ちゃんと俺

営業用でいくつかスーツに似合うシャツを所持しているけれど、いつもチョイスするときに何枚も試着する。
これくらい、ワイシャツのかたちにこだわるのも変わっているかと感じていた。
すると、今日、シャツはオーダーでと、こだわっていた方がいたので、驚いた。
けれど、シャツ一枚でかっこよく見えるし、悪くないかも、と考えた。

雨が降る月曜の明け方はこっそりと
チカコとNYのAbercrombie & Fitchに行った。
私たちはAbercrombie & Fitchのシンプルなデザインが好き。
また、入った時の空間デザインと、満ちている香りが。
3時間程度うろうろして、Abercrombieを後にした。
気付いたら、自分が道を占領して、通れない人が後ろにいたので、失礼しました!と言って振り返った。
そういえば、店に来ていた男の人。
笑顔で、大丈夫ですよ、と言われた。
目についたのは、彼の荷物。
アバクロンビーでどれだけ買ったの?と聞きたくなった。
そして、スタバでちかことそのお兄さんの職業当てで話が弾んだ。
答えは永遠のなぞだ。

気どりながら泳ぐ彼と穴のあいた靴下

見入ってしまうくらい綺麗な人に出くわしたことがありますか?
私は一度だけあります。
電車内で同い年くらいの人。
女性の自分ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、内側から出てくるオーラは確実にありますよね。
日本には魅力的な方が多くいるんだなーと感じました。

具合悪そうにダンスする姉ちゃんとあられ雲
山梨県甲府市はフルーツ王国と言われているほど果物の生産が行われている。
日本には珍しい内陸国で高い山々に囲まれている。
ということから、漁業もできなければ、稲作もあまり盛んではない。
なので、山梨県を治めていた殿様、柳沢吉が果物つくりをすすめたのだ。
他県に負けない優れている何かが経済を潤すと考えたのだろう。
盆地の水はけの良さと、山国ならではの寒暖の差はみずみずしい果物を実らせる。

よく晴れた土曜の朝は目を閉じて

一つの体の大半は水分だという研究もありますので、水の摂取は一人の人間のベースです。
水分摂取を欠かさず、みなさん健康で楽しい季節を満喫したいものです。
きらめく日差しの中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、普段そんなに外出しないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のスキンケアは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やっぱり気になってしまう所かもしれません。
もう一つ、誰でも気にかけているのが水分補給につてです。
もちろん、普段から水分のとりすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は少し例外の可能性もあります。
なぜなら、たくさん汗をかいて、知らず知らずの間に水分が出ていくからです。
外に出るときの自分自身のコンディションも関わるでしょう。
もしかすると、自分が気付かない間に軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
夏の真っただ中の水分摂取は、次の瞬間の健康状態に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
短時間外へ出る時も、小さなもので充分なので、水筒があるとすごく便利です。
一つの体の大半は水分だという研究もありますので、水の摂取は一人の人間のベースです。
水分摂取を欠かさず、みなさん健康で楽しい季節を満喫したいものです。

月が見える火曜の朝に友人と
東京で昔から賑わっている町が、隅田川に近い浅草。
特に歴史のある寺が浅草寺だ。
つい最近、浅草寺へご参拝に行った。
久々に向かう東京の浅草参拝。
また、自分の目できちんと見て分かったことは、外国からのツアー客多いということ。
各国よりツアー客の集う浅草だが、少し前よりどう見ても増えている。
それは世界一の電波塔である、東京スカイツリー完成の関係もあると考えられる。
近隣の国からは、ビッグバードハブ化によって便が良くなったという事から、プラスして、ヨーロッパ方面やアメリカからは、着物や和装小物に魅力を感じ来ているお客様が多いと思う。
されおきこの先も多くの外国人観光客が、来るということを予想した。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な本堂が見えてきた。
この屋根の瓦は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、工事を行ったという。
本堂の観音様に旅の無事と平和を祈りご参拝した
頑張りがこの先どこかで実りますように。

Copyright (C) 2015 今ここにあるモグラたちの思い All Rights Reserved.

TOP
PAGE